火祭りは真夏でも遮光なし雨ざらしでいいの!?

スポンサーリンク

さてさて・・・

今年の夏もそろそろ終わりそうな気配。

ダメになった子は少々いますが、それでも昨年よりは自分のレベルが上がった気がします。

(評価甘々w)

日々試行錯誤という感じで置き場や水やり頻度など変えて観察したりしてます。

そして昨年徒長させてのびのびーーにしてしまった火祭りを、今年はのびのびさせないためにちょっとした実験をしてみました!

ちなみに、ダメダメだった昨年の火祭りはこちら↓

夏からの徒長具合がヤバいです(;´Д`)

この時の火祭りの管理環境は日中の熱い時間帯は日陰になる場所に置いてました。

火祭りは夏でも日差しに当ててOKだとどこかで見かけたのですが、

「って言ってもねぇ、多肉植物なんだし焦げたり蒸れたり何かしらよくない事が起こりそうじゃない!??」

とビビった結果がコレです(;”∀”)

そんな事を踏まえて今年は、

とにかく放置!!!( ̄▽ ̄)うふふふ

雨ざらしです。

直射日光も当たりまくりです。

我が家の庭で一番過酷そうな場所に置きました。

私って極端(笑)

火祭りさんもビビっただろう。

「え!??昨年と環境変わり過ぎじゃない!??」と。

そしたらですよ・・・・・・・

スポンサーリンク

一見のびのび~な感じがしますが、

花芽がびよーーんと伸びてるだけで、昨年よりかなりマシな状態に持っていくことができました!!!

(1株だったのが何株にも増えているのは、昨年の秋に徒長したのを仕立て直したためです)

なにより今年は花芽が付いたってのが嬉しいです(∩´∀`)∩

雨ざらし環境なので、ゲリラ豪雨でびしょびしょになった翌日、日差しをガンガン浴びたりはしょっちゅう。

本当、放置です。

下葉が黒くなってポロりと落ちたりもありましたが全く蒸れる事なくです。

火祭りの強靭さに( ゚Д゚)ビックリ!です。

他の多肉さんもこのくらい強かったらなぁぁぁ(~_~;)

みなさん、ぜひぜひ火祭りは過酷な環境に置いてみてください(笑)

<関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。